陸マイラー最強のSPGアメックスの解説はこちら!

プラチナで泊まる東京エディション虎ノ門(一休.comで予約)

先日、東京エディション虎ノ門に宿泊しました。今回は一休で予約した「15%OFF&ポイント最大30倍!最大15000円クレジット・アフタヌーンティー・ギフト付(朝食付)」というプランです。ではではその様子をご紹介します。

東京ワールドゲートビルにあります
目次

東京虎ノ門の中心に誕生した新世代のラグジュアリー ライフスタイル ホテル

基本情報

ロンドンやニューヨークをはじめ、著名なセレブが集い、文化の発信地ともなっているマリオットの最高級ラグジュアリーライフスタイルホテル「エディション」の日本進出第一号店が虎ノ門に登場。日本が誇る世界的建築家・隈研吾氏がデザインを手がけた206室のゲストルームにはプライベートテラス付きの客室も15室備え、全客室から東京タワーをはじめとする息を呑むような眺望が望めます。

住所: 〒105-0001 東京都 港区虎ノ門4-1-1 TEL: 03-5422-1600 

IN15:00~24:00
OUT12:00

■東京メトロ日比谷線 神谷町駅 虎ノ門方面改札から「メトロシティ神谷町」方向に進み
「城山ガーデン方面」出口手前の、直通地下通路を通り、出口を出ていただくと正面がホテルエントランスです。
(4b 出口からは外に出て徒歩2分です。)
■東京メトロ 銀座線 虎ノ門駅 2番出口より徒歩8分
■東京メトロ 南北線 六本木一丁目駅 泉ガーデン出口より徒歩8分

駐車場情報

料金: 宿泊者一泊あたり 4,000円
駐車場スペース: 車長 5.3 m 車幅 1.9 m 車高 2.1 m
駐車場台数: 200 台 屋内
バレーサービス: あり(1,000円)

【料金】
その他のお客様 (1時間): 800円
施設ご利用のお客様: 3,000円ご利用で1時間無料・5,000円ご利用で2時間無料・10,000円ご利用で4時間無料

チェックインは?

1階入り口で名前を伝えて検温と消毒のあと、エレベータでフロントのある31階へ。4時頃着きましたが、レイトチェックアウトとチェックインの人が結構いて混雑、窓口は幾つかあるものの、順番で対応とのことでで10分程度待ちました。

ロビーはおしゃれジャングルです。ここで待ちました。数組ここでウェイティング。

一休での予約時にBONVOYの番号を入れてあったのでその情報も伝わっており、プラチナ特典として状況次第でレイトチェックアウト、アップグレードしてもらえるとのこと。今回はもし16時まで利用するなら予約通りの部屋(多分一番リーズナブルな部屋)、12時アウトで良ければ広さは同じで、より上の階の東京タワー側の部屋が使えるとのことで、こちらを選びました。

ちなみにプラチナ特典は写真の通りです。

オリンピックのMISIAさんの衣装と同じ方がデザインしたクリスマスツリー。

お部屋は?

と、言うことで最上階36階の東京タワー側のお部屋をいただきました。東京タワー側はエレベータを降りてぐるっと回り込む場所にあり、結構歩きます。廊下がカーペットなので、コロコロケースを持っていると重めです。(今回はホテルの方が運んでくれました。)

ドアを開けると、カーテンが自動で開き、この景色が現れます。左前方に東京タワー、その左にはレインボーブリッジや東京湾も見えます。

窓際にソファがあります。

洗面台はものすごくシンプル。石鹸と拡大鏡とボディミルクのみ置いてあります。タオル、その他は足元の台の上に。

トイレ、バスルームもシンプルです。トイレは鍵なしです。バスタブは家庭サイズ、洗い場は広く、ハンドシャワーとレインシャワーがありました。

洗面コーナーと居室を仕切るのはスライド式のドアです。写真左手にクローゼットや冷蔵庫、金庫があります。

ウェルカムスイーツのチョコレート。

アメニティは?

冷蔵庫が棚の高いところにありました。中身がぎっしり。おしゃれな飲み物ばかりです。

オープン棚には、ネスプレッソとお水、お酒、お茶セットがあります。プラスチック削減の観点から、お水は紙パック入り。この四角い箱の無料の日本茶はSAYURIというブランドのもの。おしゃれです。箱に直接ティーバッグが入っているので、お土産で持ち帰る場合、早めに飲んだ方が良さそうです。

引き出しを開けると個性豊かなスナックと、ポット、紅茶やハーブティがあります。ただ、このポット、上の写真のスペースには置きにくいので、テレビの近くか、洗面台まで運んで使うことになります。紅茶はHONEY &SONSのもので、おしゃれなパッケージ、美味しかったです。置く場所が色々入り混じってますが、紙パックのミネラルウォーター、ネスプレッソ、SAYURIのお茶、HONEY &SONSのティーバッグが無料、それ以外は有料です。

ミニバーの価格表。ハーフのシャンパン何と29100円です!!ひぃーーーー。ほぼ今回の宿泊価格。

次に水まわりを見てみます。まずはお風呂場から。

思い切りボトルに顔が映り込んでしまったので、上の方カットしております。

「エディション」オリジナルのブラックティーの香りは、動物実験を行わないヴィーガンフレグランスのスローパフューマリー「Le Labo(ル ラボ)」が手掛けています。最高級の原料を心をこめて手作業で調合しフレグランスを完成させるLe Laboは、ニューヨークだけでなく世界中で大人気のブランドです。

洗面台には同じシリーズのボディローションと石鹸、バスタブにはバスソルトがありました。

洗面台の足元に箱に入った色々。歯ブラシやヘアブラシなども脱プラで、竹や木など自然のもので作られ、木材パルプを使用していないストーンペーパー製の袋に入っています。

子ども用の歯ブラシも竹の柄でした。さらに可愛い!!一泊では勿体無いので、使用後お掃除用に持ち帰りました。子ども用歯ブラシには歯磨き粉はついていません。

ドライヤーはホリスティックキュア。高級ドライヤーらしいです。

クローゼットには浴衣があります。黒でスタイリッシュ。この帯が伸縮性があり、寝ていても浴衣がはだけませんでした。これはいいです。温泉旅館でもこれ使いたい。

こども用も借りられます。セパレートタイプで柔らかい綿素材です。120センチくらいまで着れそうです。

スリッパ、こちらも追加で子ども用をいただきました。サイズの違いはこのくらい。

スチームアイロンかな、棚の上にあります。奥にちらりと傘と靴べらが見えてます。

靴を磨いてくれるみたいです。

着心地最高と噂のバスローブはこちら。本当にふわふわで気持ちいいです。ただし、入浴直後は暑いです。いつ使うのが正解か。

これらの品々、購入することができます。お値段表3連発でどうぞ。

デスクまわりをご紹介、マスクと消毒液が置いてありました。

ちなみに、6時過ぎにターンダウンのため係の方が二人来てくれました。枕元にお水を置いたり(棚にあるものを移動させただけみたい)、使ったタオルを交換、コーヒーカプセルの補充などをしたようです。わざわざ靴を脱いでやってくれるのですが、申し訳ない、靴のままでいいのに。。。と思いました。靴で入るなーって文句言う人いるんですかね?

EDITION エスケーププランはかなりお得です!!

今回、私たちが利用したのは15%OFF&ポイント最大30倍!最大15000円クレジット・アフタヌーンティー・ギフト付(朝食付)というプランで、EDITION エスケープというパッケージのようです。(最大15000円クレジットはスイートに泊まった場合で、普通のお部屋は8000円分です。)

一休の元値で46234円でした。サービスされるものとして、朝食@6300✖️2 アフタヌーンティー@8300✖️2(12月は特別なアフタヌーンティーで普段よりお高いのです。)、ホテルクレジット8000で、ここまでで37200円。さらに限定ギフトがオリジナルキャンドルで11000円らしいので、合計48200円!!すでに元値を超えてます。宿泊料金実質ただ!?

しかも、今回は運よく一休でのポイント即時利用の割引が入るプランで、31450円でした。これはお得すぎるーーー!!ありがたやありがたや。

限定ギフトのキャンドルはこちらです。

部屋のカードキーで大きさを比べてみました。

アメニティと同じブラックティーの香りで、家に帰っても優雅な香りが楽しめます。ずっしり重いキャンドルです。ホテルクレジットで夕食を食べて、朝食、アフタヌーンティーも楽しんで、さらにお土産まで。本当に盛り沢山でお得なプランです。

ちなみに一休ダイヤモンド会員の方は、さらに特典があります。羨ましい〜

館内設備

31階にプールとジムがあります。プールは予約制で、1時間利用できます。プールの横にジャグジーも。タオルなどはこちらで借りられます。

青いプール、きれいですね。

最後にお部屋からの夜景を。やっぱり東京タワーは美しい!!

長くなるので、食事については次の投稿で。

インルームダイニング、朝食、アフタヌーンティーのレポートはこちらです。

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる